キイロイ バケツノ ナカ

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク
馬の気持ち 02:21
デンマークのオーフスにある近代美術館にいったと。
アロスってとこ。

そこに突如現れたのは

切り刻まれた馬のホルモン漬けビンの作品。
その馬のビンがずらーっと展示してあったと。


”芸術のために馬を殺すなんて!!”

っていう当然の見る者の反応に対して

”じゃあ戦争のために人を殺すのはどういうことだ!?”

っていう作者の訴えらしいのです。
(この作品はベトナム戦争のときのものだそうで)



でもさ。

やっぱり馬かわいそうじゃない?
見とってものすごい痛くなったし。

そういう意味ではインパクトのある作品なんやろうけど。
反戦を表現するために馬を殺すってさ。
どうなんやろって。思いません?いや、どうなんやろ。うーん。


美術館に行くたびに思うと。
そもそも芸術家ってなんのためにおるっちゃろーって。
ずっと昔からおるやん?

いや。あいかわらずまとまらんな。

美術館に1日丸々おったりすると、いろいろ考えておもしろいよ。


いまはチェコのプラハにいます。
金曜の夜にミュンヘンにむかいます。元気です。


日本時間の日曜13:00〜15:00に田籠先生のお別れ会があるそうです。
日本には帰れんけど、同じ時間。ベルリンの日曜5:00〜7:00に
みんなと一緒に先生のご冥福をお祈りしようと思います。
| europe | comments(5) | trackbacks(0) | posted by
スポンサーサイト 02:21
| - | - | - | posted by スポンサードリンク
Comment








太宰治の本の中には、『芸術の美は所詮市民への奉仕の美である』というような言葉が何度か出てきたのを良く覚えてるんよね。

その真意は無学な俺には全然分からんし、何故「所詮」という言葉がそこに入っているのかも分からんけど…。

兎に角その言葉について色々考えてみたときに、芸術ってそういう意味に帰着するかもなぁ、って思ったな〜。

『奉仕』

だからこそ難しんやと俺は思ってて、つまり芸術は絶対に必要なものやけど、「お節介」になってはいかんから注意が必要っていうことなんやろな、と勝手に解釈しています。

で?

ていう話書いてもうてすまんNE。引き続き元気に旅を続けちゃいなよ。
posted by k-o-k-o | 2005/11/17 6:21 AM |
ダメや…。
芸術のために馬殺すなんて受け入れられん。
それを見て『戦争のために人を殺すなんて』って思わせるのが目的って…なんか違う気がする。
あ、そうそう、コレで思い出したんやけど、昔mio言ってたやん?
「ドラマとかで死ぬ役の人は死んでまでテレビに出たい人がやってると思ってた」って。
あたし映画見てていつも思うんやけど、
ほら、よく洋画の時代物のヤツって馬に乗って戦争したりしてるやん?
あの馬とかってさぁ…まさか映画のために傷ついたり死んでたりしてたらって考えると物凄くいや〜な気持ちになる。
だってリアルに馬が剣で突かれて血ぃ流してたりするやん?
CGであることを願うけど、あのリアルさからどうしてもホントの馬使ってるようにしか思えんくて。
こんなこと馬刺し(゚Д゚)ウマーって食ってるあたしが言うのもアレなんかもしれんけど。
posted by あゆみ | 2005/11/17 12:51 PM |
有名な作品だね。僕は初め本で見た時「生で見てみたい!!」なんて思っちゃてるわけだから無神経だよホント…
アートなんてものは基本的には自分の中の表現方法でしかないよね。アート⇔デザイン…
でも、作者の意図はどうにしろそれを見てmioちゃんがなんか感じとったってことが大事だったりするんだろうな〜
まあ、やっぱアートって単純に人をほんの少し楽しませることができるものであってほしいとおもってます。
posted by jun | 2005/11/17 5:23 PM |
へー。
有名な作品やったんや。うちは何もそんなもんがあるなんて知らんでから、いきなり出てきたけんびっくりしたよ。
いや芸術家ってほんとによくうちにはわからん。どう解釈していいのかが。ちっちゃいころは画家になりたいとか写真家になりたいとか思ったこともあったけど。
解釈は人それぞれのようで。太宰治の解釈はそれはそれで。でも前にそれに近いこと考えとった気がする。今はもっといろんなカタチがあるんかなーって思っていたりもするのですが。わからんねー。むずかしい。懲りずに美術館いこーっと。
posted by mio | 2005/11/18 12:01 AM |
うちも馬刺しすきやなー。

馬刺しはうちの血となり骨となるために、馬から命をいただいたんやから別やって思ったけど、ちょっと考えてみたら、おんなじだ。

芸術はいろんな人に何かを訴えるためにあるのやとしたら、あの作品はそのために命を馬からいただいたんやな。

でもなんかしっくりいかん気がするのは気のせいかな。うちの中は食べ物の価値>芸術の価値ってことかな。やけん食べるのは良いけど芸術に使われたらいややって思うんかな。

芸術の価値>食べ物の価値の人は馬を芸術のために平気で殺せて、食べるのはかわいそうだ!って思うんかな。そうやろな、たぶん。

でもうち食べんと死ぬしな。芸術なくてもうちは死なんやろう。

むずかしいな。Ayumiのコメントを読み返しておもった。馬刺し。
posted by mio | 2005/11/18 12:29 AM |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://e-ninjin.jugem.jp/trackback/18
<< NEW | TOP | OLD>>