キイロイ バケツノ ナカ

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク
林檎ジャム 22:08
昨日はYんちで、東京に旅立つ朋子の送別鍋会をした。
最後なんて気分には全くならんかった。
こうしてみんなで仲良くなってから四年も経ったんやなーって思った。
そりゃみんな程度の差はあれnew manになるさね。
集まる場所も鍋するのも一緒っちゃけどねー。
昔のみんなと撮った写真見ても、あのころの自分が何考えとったか思い出せん。
あるいは何も考えてなかった気もする。
東京での朋子の奮闘を神戸からこっそり応援してます。
負けるな頑張れとは言いません。つらくなったら帰ってきてください。


鍋前にもうYんちおっとった時、きしから電話あった。
お中元(やったと思う)の撮影で使った品々のおすそ分けコール。
前にはカレーも分けていただいたりして、すっかり甘えさせてもらっとう。
夜中に帰ったら、丁寧に保存法なんか手書きされた紙付きのお中元の品々に
きし手作り林檎ジャムが混ざっとった。夜中にテンションがあがった。
なんかうれしいプレゼントやった。素敵な友人に出会えたものだなーと思った。


今日は朝から雨雨雨。起きたとき暗すぎてまだ明け方やと思った。
研究室について聞きに学校まで雨の合間を見逃さず原チャで行ってきた。
雨の日曜に、いろいろ話せておもしろかった。ありがとう。
ぜひ勉強したいと思ったけどねー。火曜に全てがかかっとうや。あーこわい。



内藤正典 <ヨーロッパとイスラーム>
ヨーロッパ、特にこの本の中ではドイツ・オランダ・フランスの三か国、においての
[ヨーロッパ人]と[ムスリム]の関係を、共生の可能性を見つけようという目的から、
考察してあった。
特に興味深かったのがオランダの章で解説があった、「列柱型」の社会ってところ。
多文化の共生を制度的に保証する社会システムで、カトリック、プロテスタント、社
会主義者(無神論者)、イスラーム、みたいに柱をたててそれぞれの柱に、関連する施
設を持つ権利、国家による財政支援を受けられる権利を認めたもの。
このオランダの多文化主義っていうのは、そういう権利を国家は認めてるけども、そ
れは別に各々の文化の相互理解をした上で成り立たされてるものじゃなくて、全く違
うそれぞれの存在を認識しあってはいるけれど、中身を(お互いを)理解する必要はな
いんやってやつらしい。やけん柱は立ててあげるから、相互に干渉をしないのがルー
ルですよ。相手を知り理解する必要なんてないんですよ。ってこと。
まじめに異文化と向き合わんどけば、あいつらのここが気に入らん、みたいに意見が
対立することもない。ていうのがオランダみたい。やから麻薬も売春も合法なんね。
やりたい人が自分で決定してやればいいけん。まあ結局この国の列柱型社会による多
文化共生もうまくは働かなくなってるという話。ここでは省略。
でもそのばり個人の自由を尊重される世界、個人に全て任される世界、住みやすそう
やなと一瞬思った。他人から干渉されず、他人を気にせずに生きていく。隣人の存在
は知っとっても、誰かは知らんし気にならん。やっぱり寂しい気がしてきた、一瞬の
その世界への憧れ却下。
最近、イスラム教についてちょっとずつわかるようになってきて、うれしい。
なーんも知らんすぎたんやけどさ。豚ダメなことくらいか、知ってたの。
共生ねー。四年前のうちは関西で関西人と生きていくことすら不可能に思えとったけ
んね、同じ西日本やのに。日本語しゃべるのに。国も人種も宗教も言葉も違うと、そ
りゃうちの持った関西拒否感よりもきついやつを相互に持ちあうんだっていなめんの
やろうなぁ。まあとにかく知ること大事という考えのもと、いろいろやってこう。


きし林檎ジャムありがとう。この記事題名が林檎ジャムなのに
本がやたら長くなった。最初に書くこと決めて題名つけるべきやね。
最初に思ったのが林檎ジャムやったけんさ。。
そんだけ林檎ジャムうれしかったってことで。もう一回、ありがとう。
また来週に。旅の写真もCDにやいといたけん♪

| - | comments(4) | trackbacks(0) | posted by
スポンサーサイト 22:08
| - | - | - | posted by スポンサードリンク
Comment








多くの人が多くの他人種を理解するには、長い長い何代にも渡る努力が必要だと思った。旅行したとき簡単に外国人と友達になれるやんって思ったけど果たしてそれは本当につながりあったのかって考えたら結局はわからないっていう結論になった。それは、何も外国人だけに対してじゃないけどね。。。
posted by dora | 2006/04/03 2:14 AM |
いやーなんか、誰が間違ってる訳でもないけん、結局相手を理解することはできてもそれに共感してばりみんなが仲良しになるってのは無理なんだろうなと思うけど、理解してみんなが尊重しあうことで解決することもいっぱいある気がするけんねー。理解し合うのにそんなに長い長い時間がかからんことを願うけど。無理なんかなー。
posted by み | 2006/04/03 11:02 AM |
うぃっす。来週会いましょう◎
写真ありがとね〜。やはりあの道早いです。所要時間15分!
行くわ。あのマンション電気一つもついておらず、真っ暗で怖かった。。
posted by きし | 2006/04/03 11:38 AM |
省エネマンションやからねー。
電気自分でつけんな暗いのです。
また来週!水曜の夜あたりがありがたい。
posted by み | 2006/04/05 1:52 PM |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://e-ninjin.jugem.jp/trackback/48
<< NEW | TOP | OLD>>